トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 矯正した歯がもとに戻ることはないの?

矯正した歯がもとに戻ることはないの?

装置を撤去した後、歯は必ず動きます。

ですから装置撤去前に十分に歯並びを整え、顎の関節と調和させ咬み合わせを整えることにより、無理な力が歯にかかって整った歯列から歯が飛び出すことのないようにします。

しばらくの間は保定装置(歯の位置を安定させる取り外しの装置)を装着していただき安定させます。また歯を支えている歯肉繊維の中には前の歯の位置を記憶していて、その影響で歯の装置をはずした後、後戻りすることが解っています。

その解決法として麻酔下で歯肉繊維をカットする方法もあります。この方法は患者さまのもとの状態により適応する場合としない場合があります。


トップへ » 矯正歯科の気になるギモン » 矯正した歯がもとに戻ることはないの?


お問い合わせ


TOP