トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 矯正治療で小顔に

矯正治療で小顔に

《術前》
矯正治療前は、顎関節とお口の中の咬み合わせの調和がとれていないため、くいしばり(Clenching)や歯ぎしり(Bruxism)がありました。その結果、頬の筋肉は肥大してぷっくりした頬にみえます。

症例

症例
顎の関節も問題がありましたのでMRIの検査をすると(※印)の咬筋と呼ばれる頬の筋肉が肥大しています。

下へ

《スプリント治療後》
症例

症例

スプリント治療を行い顎の関節が安定したところで、隠れていたお口の中の咬み合わせの不調和が見えてきました。くいしばり(Clenching)や歯ぎしり(Bruxism)は軽減し頬の輪郭はスッキリとしてきました。
いよいよ、歯の移動を開始です。

下へ

《術後》
症例

症例

一見して『痩せた?』 と思われがちですが、元々の体型の変化はありません。顎関節とお口の中の咬み合わせの調和が取れたため頬の咬筋(※印)の肥大が改善しスッキリとした輪郭になりました。
まさに小顔になりましたね。

症例


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 矯正治療で小顔に


お問い合わせ


TOP