トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 受け口 (反対咬合)

受け口 (反対咬合)

受け口の患者さまです。上下の真ん中もズレていますし、古い被せ物(補綴物)が多く見うけられます。矯正治療後に新しく補綴処置をしていただきました。

症例

下へ

症例

下へ

症例

昔から口元を気にして人前で笑うのを控えていたそうです。長い間悩み続けていたお口元が綺麗に改善されました。この様にむし歯の治療後の歯が多くありそれが古くなり不適合の場合は、一般歯科の先生と連携治療を行い良い結果が得られました。ご本人は大満足で、大変喜んでおられました。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 受け口 (反対咬合)


お問い合わせ


TOP