トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 乱ぐい歯・開咬・非対称 (叢生・開咬・上下顎非対称の外科症例)

乱ぐい歯・開咬・非対称 (叢生・開咬・上下顎非対称の外科症例)

20代の女性、咬み合わせが良くない・顎も曲がっている・笑うと右側の歯肉が見えるのを気にされて来院した患者さまです。

症例

下へ

症例

美容関係のお仕事をされている患者さまで審美性にはシビアです。

写真を撮ると顔が曲がっている、笑うと右の歯茎が沢山見えて気になるとおっしゃっていましたが、外科矯正により当クリニックの治療ゴールに大満足されています。勿論、咬み合わせも緊密に良い結果が得られました。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 乱ぐい歯・開咬・非対称 (叢生・開咬・上下顎非対称の外科症例)


お問い合わせ


TOP