トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 乱ぐい歯・出っ歯 (叢生・上顎前突・下顎後退症の外科症例)

乱ぐい歯・出っ歯 (叢生・上顎前突・下顎後退症の外科症例)

20代女性、歯科衛生士さんの患者さまです。

咬み合わせが悪い歯が出ている事を気にして来院しました。口唇が閉じにくく口唇を閉じると頤に筋肉の緊張が有り梅干しのようにしわが出ます。

症例

下へ

症例

外科矯正により顔貌は勿論のこと当医院の治療ゴールを達成できました。

患者さまは歯科医療従事者で、治療結果に大満足で、大変喜んでいただきました。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » 乱ぐい歯・出っ歯 (叢生・上顎前突・下顎後退症の外科症例)


お問い合わせ


TOP