トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » すきっ歯 (歯ぎしり・かみしめによる歯の摩耗)

すきっ歯 (歯ぎしり・かみしめによる歯の摩耗)

《術前》
歯の隙間を気にして来院された20歳の女性の患者さまです。よく見ると年齢のわりに重度の歯の咬耗《摩耗》が確認出来ます。

この様な状態は咬み合わせがズレていて顎の関節との調和が取れていない可能性があります。

症例

症例
顎の関節を注意深く診査すると下顎頭の一部が骨の吸収により一部が平坦となり尖った形になっています。顎の関節の動き方も良くありません。

下へ

《スプリント治療後》
症例
症例

スプリント治療により顎の関節の安定を図る事で患者さまの咬み合わせの問題点が明らかになります。また、同時に強く擦れ合って摩耗した歯の保護、顎の関節の負担の軽減する事が出来ます。お口の中で隠れていた悪い状況が見えてきました。この状態から歯移動の診断をします。


下へ

《術後》
症例

症例
下顎頭の形態が改善(Positive remodeling)しています。それに伴ない丸みをおびた正常に近い形に変化し関節の動きも良くなりました。

症例

矯正治療後しばらく状態をチェックした後、すり減った横の歯を修復処置していただきました。これで、顎の動きに大切な歯のガイドが良好となりました。患者さまも審美的にも機能的にも快適な状態になったとのことで喜んで頂きました。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集 » すきっ歯 (歯ぎしり・かみしめによる歯の摩耗)


お問い合わせ


TOP