トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 治療の期間・流れって? » 矯正歯科治療の流れについて

矯正歯科治療の流れについて



◆ご予約
無料矯正相談の予約をおとりいたします。
・電話(TEL:03-3487-3389)
・当サイトからのご予約
インターネットオンライン予約

をご利用ください。
※土日の予約も承っております。
下へ

◆来院受付
来院来院時受付にてお名前をお伝えください。 カウンセリングを受けることで矯正治療が開始となるわけではありません。気になることはお気軽に相談してください。
下へ

◆問診
初診時に記入していただきます。診察をする際に参考となる事柄です。気になっていることがあればお気軽にどんどんお伝えください。
下へ

◆治療に関する説明
診断検査→診断→治療開始までの流れと治療費用について説明をさせていただきます。

矯正医が診察し、患者さまの状態を説明、おおまかな治療方法、期間治療に用いる矯正装置、治療前に行う検査内容、具体的な症例をお見せし、丁寧にご説明いたします。

・トリートメントコーディネータの歯科衛生士より
治療のプロセス、期間、使用装置、費用の総額、お支払い方法、医療費控除、治療中の虫歯、歯周炎の予防法等、具体的な症例をお見せし、正確な情報をわかりやすく患者さまに説明させていただきます。

患者さまからのご質問がある場合は矯正医、スタッフが丁寧にお答えします。治療を行うかどうか迷われている場合は、よく考えていただけますので、相談当日に治療を開始するかを決める必要はありません。 また、治療を早く開始されたい方は、当日より検査を開始することもできますよ。
下へ

◆検査開始
検査開始実際に治療を開始することになりましたら、検査を開始いたします。

検査は2回に分けて行われます。
1回目の検査は、各種レントゲンやお顔の写真を撮り画像診断をするための資料を揃えます。

2回目の検査ではお口の中のクリーニングを行い、歯の写真、歯型の採得、咬み合わせの検査を行います。
検査開始
下へ

◆検査資料の解説
解説実際に患者さまから得たレントゲンや歯の模型等は、治療方針を決めるために多角的な分析が行われます。コンピュータによるレントゲン、お顔の写真から矯正学的な分析を行います。

また、治療後の横顔変化のシミュレーションなど、治療予測を行うこともできます。模型分析では歯並びだけではなく、お顔の中で上下の歯列がどのような位置関係か、あるいは、CPIという機器を用いて頭蓋骨と下顎のつなぎめである顎関節の位置のズレがあるかの位置関係を分析いたします。
下へ

◆診断
検査資料、分析結果を見ながら歯並び、咬み合わせ、顎関節を考慮した矯正治療方針についてご説明いたします。おおまかなお顔の変化(治療シミュレーション)をお見せすることもできます。

また、治療のプロセス、期間、使用装置、費用の総額、お支払い方法、治療中の虫歯、歯周炎の予防法等、具体的な症例をお見せし、正確な情報をわかりやすく患者さまに説明させていただきます。
下へ

◆治療スタート
治療装置が付いたら定期的に来院していただき、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をして歯を動かしていきます。また、来院ごとに歯みがきの練習や歯のクリーニングをおこない、虫歯や歯周病の予防をしながら治療を続けていきます。

※関節に問題ある方の場合、スプリントを製作します。このスプリントを装着した上で、関節を正しい位置に戻してから実際の装置を付けた治療がスタートします。
下へ

◆調整
装着後は、定期的に矯正装置の調整を行います。通院の間隔は通常6週間に1回です。通院期間は、歯並びの状態や治療の進み具合で異なり、平均2~3年かかります。
下へ

◆メインテナンス(保定)
メインテナンス装置を外したばかりの歯は、もとの位置に戻ろうとするため、取り外しのできる装置を使い、キレイになった歯並び、咬み合わせを安定させます。3~4か月に一度来院していただき、咬み合わせのチェックと虫歯・歯周病のチェックをおこないます。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 治療の期間・流れって? » 矯正歯科治療の流れについて


お問い合わせ


TOP