トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 見えない矯正装置とは? » 表から見えない裏側矯正

表から見えない裏側矯正

裏側矯正●歯の舌側にブラケットを着ける治療方法
●職業柄、目立つ装置がつられない方には勧め

「笑ったとき、矯正装置が見える」「装置が原因で顔の印象が変わってしまう」そんな不安から、矯正治療をためらっている方も多いのではないでしょうか。

裏側矯正(舌側矯正)は、従来の装置と違って歯の舌側にブラケットを着ける治療方法のことです。矯正装置を歯の裏側に付ければ、人に気づかれることなく矯正治療を行うことができます。

特に職業柄、目立つ装置がつられない方と言うには矯正装置が表側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができ、お勧めの矯正方法です。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 見えない矯正装置とは? » 表から見えない裏側矯正


お問い合わせ


TOP