トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 院長先生ってどんな人? » 【矯正「専門医」】として、責任のある治療を提供したい

【矯正「専門医」】として、責任のある治療を提供したい

矯正「専門医」よく患者さまから、「矯正医選びの基準はなんですか?」というご質問を受けます。もちろん、色々な条件はありますが、そのひとつに「日本矯正歯科学会の専門医であること」が挙げられるかと思います。

「日本矯正歯科学会」とは、矯正歯科医にとって最も権威のある学会のこと。この学会が矯正医の技術力に応じて、「専門医」などの資格を与えています。

ちなみに、私も「日本矯正歯科学会」の「専門医」の1人。もちろん、歯科医師は技術力だけがすべてでは無いのですが、「専門医」であれば、ある一定の技術力があると思っていただいても大丈夫だと思います。私も矯正「専門医」の名に恥じないように、最良の治療のご提供するため、日々研鑽を行っています。

専門医として認定されるには?
専門医の割合
専門医とは、矯正歯科専門医の技術レベルを客観的に評価した一つの基準で、一定水準以上の学術知識と技術レベルを持ったドクターが"専門医"として認められます。"専門医"になるためには、いくつかの厳しい条件をクリアしなければなりません。

1)日本矯正歯科学会認定医資格を有する歯科医師
2)10年以上継続して学会会員である者
3)学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、その全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること

これらの条件をすべて満たし、審査に合格した医師だけに"専門医"の資格が与えられるのです。
さらに更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や臨床発表、および学術誌における報告が義務づけられています。現在、日本国内の"認定医"は3,700名ほどなのに対して、"専門医"は300名とごくわずか。これは、国内の矯正歯科医の約1%です。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 院長先生ってどんな人? » 【矯正「専門医」】として、責任のある治療を提供したい


お問い合わせ


TOP