トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » ロスフィロソフィーって? » すべてを考える矯正歯科、"ロスフィロソフィー"だから、仕上がりに差が出ます

すべてを考える矯正歯科、"ロスフィロソフィー"だから、仕上がりに差が出ます

矯正治療は単に歯並びが整えばよいと思われがちですが、実は矯正歯科において、最も重要なのは健全な顎の関節と私たちは考えています。そもそも、顎の関節まで緻密に考慮して治療しなければ、よい咬み合わせをつくることが困難なのです。

ロスフィロソフィー

矯正歯科治療では、顎の関節は非常に重要です!
当クリニックのロスフィロソフィーのテクニックを使った矯正歯科治療では以下の4つのポイントを考慮し、治療を行います。

●歯並びの美しさ
●お顔立ちの美しさ
●顎の関節を含めた機能的な咬み合わせ
●歯肉など歯周組織の健康

以上の4項目がバランス良く達成できると
●治療後の安定に繋がります

実際、ご本人にはまったく症状がないのに、よく調べてみると顎の関節にズレが見られるケースがあります。このズレを無視してしまうと、特に成長期のお子さまなどは下顎が小さくなり、顔面非対称などの原因になったりすることもあるのです。このような顎の関節はとても重要なのですが、現在の日本の矯正治療では十分に意識されていないのが現実です。

こうした「歯並びを整えることだけでなく、顎関節などのさまざまな組織も総合的に考慮した治療」こそが、「ロスフィロソフィー」です。アメリカのロナルド・ロス先生が40年に及ぶ治療経験と研究から築き挙げれた矯正歯科治療の診断と治療システムです。ロス先生の治療方針、症例に感銘を受けた私は長年研究・実践してきました。歯並びの配列だけに注目した治療と異なるのが大きな特徴です!

この治療法は「ロスウイリアムススタディクラブ・ジャパン」というスタディグループで、他院の日本で診療している先生方30数名、世界でこの治療法を研究している先生方と情報交換を行いながら日々研鑽を積んでおります。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » ロスフィロソフィーって? » すべてを考える矯正歯科、"ロスフィロソフィー"だから、仕上がりに差が出ます


お問い合わせ


TOP