トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » ロスフィロソフィーって? » ロスフィロソフィーでは実際にどんなことをするの?

ロスフィロソフィーでは実際にどんなことをするの?

スタッフ紹介矯正治療も家を建てるときと同じで、関節という土台が非常に大切になります。そこで、必ず関節の検査をして異常があれば治療をし、安定した顎の位置を得てから矯正します。具体的には、「スプリント」とよばれる取り外し可能な装置を使って関節を安定させます。

スプリント治療とは?
歯を動かす治療に入る前に、診断の一つのステップとして咬み合わせの状態、下顎の位置、顎関節の状態をチェックする場合があります。成人では、特に長い間身についていた咬み合わせがあり、必ずしもその状態が正常とは限りません。経験上、当院では約3割の患者さまに顎関節の補正が必要となります。

※すべての方がスプリントを使って治療するわけではありません。ご自身がスプリントを使った治療が必要かどうかは、実際にご相談に来ていただき、診断を行ってから決定します。


トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » ロスフィロソフィーって? » ロスフィロソフィーでは実際にどんなことをするの?


お問い合わせ


TOP