トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集

矯正治療で小顔に

《術前》
矯正治療前は、顎関節とお口の中の咬み合わせの調和がとれていないため、くいしばり(Clenching)や歯ぎしり(Bruxism)がありました。その結果、頬の筋肉は肥大してぷっくりした頬にみえます。

症例

症例
顎の関節も問題がありましたのでMRIの検査をすると(※印)の咬筋と呼ばれる頬の筋肉が肥大しています。

下へ

《スプリント治療後》
症例

症例

スプリント治療を行い顎の関節が安定したところで、隠れていたお口の中の咬み合わせの不調和が見えてきました。くいしばり(Clenching)や歯ぎしり(Bruxism)は軽減し頬の輪郭はスッキリとしてきました。
いよいよ、歯の移動を開始です。

下へ

《術後》
症例

症例

一見して『痩せた?』 と思われがちですが、元々の体型の変化はありません。顎関節とお口の中の咬み合わせの調和が取れたため頬の咬筋(※印)の肥大が改善しスッキリとした輪郭になりました。
まさに小顔になりましたね。

症例

すきっ歯 (歯ぎしり・かみしめによる歯の摩耗)

《術前》
歯の隙間を気にして来院された20歳の女性の患者さまです。よく見ると年齢のわりに重度の歯の咬耗《摩耗》が確認出来ます。

この様な状態は咬み合わせがズレていて顎の関節との調和が取れていない可能性があります。

症例

症例
顎の関節を注意深く診査すると下顎頭の一部が骨の吸収により一部が平坦となり尖った形になっています。顎の関節の動き方も良くありません。

下へ

《スプリント治療後》
症例
症例

スプリント治療により顎の関節の安定を図る事で患者さまの咬み合わせの問題点が明らかになります。また、同時に強く擦れ合って摩耗した歯の保護、顎の関節の負担の軽減する事が出来ます。お口の中で隠れていた悪い状況が見えてきました。この状態から歯移動の診断をします。


下へ

《術後》
症例

症例
下顎頭の形態が改善(Positive remodeling)しています。それに伴ない丸みをおびた正常に近い形に変化し関節の動きも良くなりました。

症例

矯正治療後しばらく状態をチェックした後、すり減った横の歯を修復処置していただきました。これで、顎の動きに大切な歯のガイドが良好となりました。患者さまも審美的にも機能的にも快適な状態になったとのことで喜んで頂きました。

乱ぐい歯・出っ歯 (叢生・上顎前突)

お口元の突出感と咬み合わせを気にされて来院された患者さまです。

他院にて検査をしたそうですが、当クリニックの治療方針にご納得いただき治療をした患者さまです。

症例

下へ

症例

口元はスッキリして成長のない成人ですが、咬み合わせを整え顔貌にも考慮した当クリニックの治療ゴールで、顎のライン(頤)が前方に出て理想的な側貌になりました。また口唇の閉鎖も良好です。

乱ぐい歯・出っ歯 (叢生・上顎前突・下顎後退症の外科症例)

20代女性、歯科衛生士さんの患者さまです。

咬み合わせが悪い歯が出ている事を気にして来院しました。口唇が閉じにくく口唇を閉じると頤に筋肉の緊張が有り梅干しのようにしわが出ます。

症例

下へ

症例

外科矯正により顔貌は勿論のこと当医院の治療ゴールを達成できました。

患者さまは歯科医療従事者で、治療結果に大満足で、大変喜んでいただきました。

乱ぐい歯・開咬・非対称 (叢生・開咬・上下顎非対称の外科症例)

20代の女性、咬み合わせが良くない・顎も曲がっている・笑うと右側の歯肉が見えるのを気にされて来院した患者さまです。

症例

下へ

症例

美容関係のお仕事をされている患者さまで審美性にはシビアです。

写真を撮ると顔が曲がっている、笑うと右の歯茎が沢山見えて気になるとおっしゃっていましたが、外科矯正により当クリニックの治療ゴールに大満足されています。勿論、咬み合わせも緊密に良い結果が得られました。

出っ歯・正中偏位 (上顎前突・開咬・正中偏位)

出っ歯さんで上と下の真ん中がズレている症状が大変気になる患者さまです。
下の前歯が2本先天欠如していました。

症例

下へ

症例

先天欠如の歯が2本有りましたが、治療のゴールは良好に達成できました。

受け口 (反対咬合)

受け口の患者さまです。上下の真ん中もズレていますし、古い被せ物(補綴物)が多く見うけられます。矯正治療後に新しく補綴処置をしていただきました。

症例

下へ

症例

下へ

症例

昔から口元を気にして人前で笑うのを控えていたそうです。長い間悩み続けていたお口元が綺麗に改善されました。この様にむし歯の治療後の歯が多くありそれが古くなり不適合の場合は、一般歯科の先生と連携治療を行い良い結果が得られました。ご本人は大満足で、大変喜んでおられました。

出っ歯・乱ぐい歯・開咬 (上顎前突・叢生・開咬)

歯の凸凹と出っ歯が気になり唇が閉じにくい事と奥歯が傷んでる事を訴えて来院された患者さまです。検査の結果、顎の関節も大きな問題を抱えている状態でした。

症例

下へ

症例

顎の関節も落ち着いた状態でよい歯並びと咬み合わせを達成することが出来ました。

当医院で15年前に治療した患者さまです。今は、息子さんが当クリニックに治療のため通院中です。

親子二代で通院していただいている患者さまが結構いらっしゃいます。信頼されて親子二代治療を担当させていただく・・矯正歯科医冥利に尽きます。

出っ歯・乱ぐい歯 (上顎前突・叢生)

上下の歯が凸凹です。そして前歯が咬み合わない出っ歯さんです。口元の突出感と麺類が咬み切れないとおっしゃっていました。

症例

下へ

症例

凸凹も治り、出っぱっていた前歯も引っ込み奥歯から前歯まで緊密に咬み合うようになりました。以前は麺類が苦手でしたが、今は良く咬み切れるようになり、お口元もスッキリした・食事がこんなに良く咬めるなんて!と患者さまは実感されていました。

過蓋咬合・乱ぐい歯 (上顎前突・過蓋咬合・叢生)

咬み合わせていると下の前歯が見えない(過蓋咬合)の患者さまです。この様な咬み合わせは顎関節の障害を起こすリスクが大きく咬み合わせや歯並びとしても宜しくない状態です。

症例

下へ

症例

しっかりと咬んだときに下の前歯が見えて下顎の動きを抑制していた深い咬み合わせが改善されました。当然、素敵な笑顔を獲得出来ました。

八重歯・開咬 (叢生・側方開咬)

八重歯そして、横の歯が咬み合っていません。前歯は何とか合わさりますが、一部は反対の受け口の状態になっています。

症例

下へ

症例

八重歯は改善し、全ての歯がしっかりと咬み合うようになりました。お口元もすっきりしました。見た目も良くなりお食事も良く咬めるようになりました。

八重歯・乱ぐい歯・正中偏位 (叢生・正中偏位)

上下の歯が大きくデコボコの状態で八重歯、上下の真ん中の線が大きくズレています。一部の上の歯は下の歯の内側に入り込んでいて咬み合わせも悪い状態です。

症例

下へ

症例

大きなデコボコは改善され、八重歯や真ん中の線のズレも治り咬み合わせも良い状態となりました。

口元を隠さずに思いっきり笑えるようになり、自分に自信が持てるようになったと喜んでいらっしゃいます。お食事は何でも美味しく頂けるそうです。

症例

更に、治療後9年6ヶ月後のお写真です。術後の安定もとても非常に良好で患者さまも大満足です。治療後長い月日がたちましたが、状態は良好でブラッシングも良好です。一生ご自分の歯を大切になさってくださいね!

ハーフリンガルの治療中のお口の中

「笑ったとき、矯正装置が見える」「装置が原因で顔の印象が変わってしまう」そんな不安から、矯正治療をためらっている方も多いのではないでしょうか。

裏側矯正(舌側矯正)は、従来の装置と違って歯の舌側にブラケットを着ける治療方法のことです。矯正装置を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。

症例

ハーフリンガルは上下裏側の矯正に比較して安価でお口を大きく開けたとき下の前歯の表面はあまり見えない為、選択される患者さまがおおい治療法です。

すきっ歯・出っ歯 (正中離開・上顎前突)

前歯の隙間を気にされて来院されました。

前歯の咬み合わせも深く前歯も前突していて出っぱっている状態です。口元の突出感も気になさっていました。よく見ると下の前歯の先端は、上の前歯の根元の歯ぐきに咬み込んでいます。

症例

下へ

症例

治療後は気になっていた前歯の隙間も解消し口元もすっきりし、奥歯の咬み合わせも良くなりました。

開咬 (開咬・叢生)

クリニックの開院当時に来院された患者さまです。

前歯が咬み合わない、口元が出ている事を訴えていました。確かに咬んでいる状態でも上下の前歯が接触していません。

症例

下へ

症例

治療後は勿論、前歯、奥歯がしっかりと咬み合っています。口元もすっきりして、ご満足頂きました。

今は海外にお住まいとのことで、里帰りの際にお寄り頂けました。思い出して頂けてとても嬉しかったです。

受け口 (反対咬合)

前歯の反対咬合(受け口)のお子さまです。まだご本人は気にならないようですが、お母さまはとても心配なさっていました。お子さまの治療はお子さまの状態により適切な開始時期を判断いたします。

症例

下へ

症例
《一段階目の治療(Phase one)》
前歯の反治咬合の改善を行いました。その後、定期的に永久歯への生え替わりを管理し二段階目の治療の開始時期を見きわめます。

下へ

症例
《二段階の治療(Phase two)》
一段階で前歯の反対咬合が改善出来事で、上下顎骨の成長に調和が取れ、良好な結果を得ることが出来ました。特に骨格の不調和が有るケースは、早期に診せて頂くことが重要です。



※以上写真はプライバシー保護の観点から個人の特定が出来ないように配慮しております。

関連ページリンク

ひらの矯正が選ばれる理由
ロスフィロソフィーって?院長先生ってどんな人?見えない矯正装置とは?
部分矯正費用のこと痛みの少ない治療って?抜歯について
治療の期間・流れって?感染対策について矯正中の虫歯予防とは?ホワイトニング
顎関節症でお悩みの方へ外科矯正とは?患者さまの生の声症例集

矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

院内ツアー
スタッフ紹介アクセス・診療時間採用情報プライバシーポリシー

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 症例集


お問い合わせ


TOP