トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 顎関節症と矯正治療の関係

顎関節症と矯正治療の関係

「お口を大きく開けると顔が曲がる」
「お口が大きく開かない」
「お口を開けるとき顎がカックン、ザラザラと音がする」
「朝だけお口が大きく開かない」
「お口を開けたり、顎を左右に動かすと痛い」

これらの症状は顎関節症の症状です。こんな症状でお悩みの方はいませんか?

顎関節症

顎関節症の原因とは?

顎関節症の原因・顎をぶつけるなどの外傷が原因となる場合
・歯並びが悪い、親知らずに問題がある
・自分の歯の形や配列に問題がある
・顎の動きと調和していない古い詰め物やかぶせ物が入っている

など、さまざまな原因が考えられますが、咬み合わせが悪い場合は、顎の骨や筋肉にとって無理のある不自然な状態で食べ物を咬むことになってしまい、顎の関節や顎を動かす筋肉に負担がかかります。

その結果、筋肉が疲労したり関節に負担がかかりさまざまな症状が現れます。上記に挙げた症状の他、肩こりや頭痛など、(めまいや耳鳴りといった)一見歯や顎とは関係のなさそうな症状が出ることもあります。

矯正治療は、顎関節症と無関係のように思われがちですが、実は大きく関係しています
顎の関節が顎関節症により不安定な状態で正常な機能を果たしていない場合、よい咬み合わせに治療するのは困難になるからです。

たとえば顎の関節はドアの蝶番と似た様な働きをしています。ドアの蝶番の止め金が緩んでいるとドアはきちんと閉まらないのと同様なことが起きます。しかし人は毎日の食事のために都合良く上下の歯が合うように筋肉が作用し症状を隠してしまうことがあります。

以前症状があったが、いまは症状が消えているこのような慢性化している場合、中には、関節の骨が変形し重度になるとお顔立ちや、咬み合わせに大きく害を及ぼすこともあります。顎関節症の方、顎関節症が疑われる場合、「スプリント療法」と呼ばれるマウスピースを使って、顎の位置を安定してから治療に入ります。

顎関節症を伴う矯正治療の流れ

顎関節症を伴う矯正治療の流れ(1)詳細な検査
(2)症状の軽減と顎の位置の安定化を図ります
(3)適切な顎の位置や状態で歯並びを矯正する
(4)定期的な健診でメインテナンス

このような方法により治療が行われます。患者さまの歯の状態と症状を総合的に診断して治療方法を考えていきます。気になる症状がある方は、遠慮なくご相談ください。

関連ページリンク

ひらの矯正が選ばれる理由
ロスフィロソフィーって?院長先生ってどんな人?見えない矯正装置とは?
部分矯正費用のこと痛みの少ない治療って?抜歯について
治療の期間・流れって?感染対策について矯正中の虫歯予防とは?ホワイトニング
顎関節症でお悩みの方へ外科矯正とは?患者さまの生の声症例集

矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

院内ツアー
スタッフ紹介アクセス・診療時間採用情報プライバシーポリシー

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 顎関節症と矯正治療の関係


お問い合わせ


TOP