トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 院長先生ってどんな人?

三軒茶屋で開院して約20年。「ロスフィロソフィー」を実践してきた歯科医院です

こんにちは、ひらの矯正歯科クリニック院長/平野武弘です。ここ、三軒茶屋で開院して20年。多くの患者さまとスタッフに支えられたおかげで、なんとかここまで頑張ってこられました。今では、口コミで遠く千葉、埼玉、栃木、茨城からも通院してくださっている患者さまもおられます。

「ロスフィロソフィー」を実践してきた歯科医院です

当クリニックでは「顎の関節」「お顔の改善」「歯の並び」「歯肉などの歯周組織」を考慮した矯正歯科治療、「ロスフィロソフィー」を長い間実践してきました。矯正治療後何年も経過した患者さまがよい歯並びを保ち、お顔の表情もすっきりしているのを見ると、本当に矯正医冥利につきる思いです。患者さまからの「治療してよかった。」の声が、私の一番の励みです!

歯並びのことでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。あなたに合った治療をご提案させていただきます。

年間約100症例以上を治療

年間約100症例以上を治療当クリニックには4歳から60歳代後半の患者さままで、幅広い層の方が来院してくださっています。症例は年間100症例以上。もちろん、成人の患者さまも多く、男女関わらず治療をお受けいただいております。

また、ありがたいことに医療業界の患者さまも多いのが特徴ですね。歯科医師、歯科医のご家族、医師、医師のご家族、薬剤師、歯科衛生士、歯科助手、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士など......さまざまな医療関係の患者さまに治療をお受けいただいております。

矯正歯科医療を続ける中で、医療関係者の支持が得られていることは、医療従事者として大変うれしいことですね。

【矯正「専門医」】として、責任のある治療を提供したい

矯正「専門医」よく患者さまから、「矯正医選びの基準はなんですか?」というご質問を受けます。もちろん、色々な条件はありますが、そのひとつに「日本矯正歯科学会の専門医であること」が挙げられるかと思います。

「日本矯正歯科学会」とは、矯正歯科医にとって最も権威のある学会のこと。この学会が矯正医の技術力に応じて、「専門医」などの資格を与えています。

ちなみに、私も「日本矯正歯科学会」の「専門医」の1人。もちろん、歯科医師は技術力だけがすべてでは無いのですが、「専門医」であれば、ある一定の技術力があると思っていただいても大丈夫だと思います。私も矯正「専門医」の名に恥じないように、最良の治療のご提供するため、日々研鑽を行っています。

専門医として認定されるには?
専門医の割合
専門医とは、矯正歯科専門医の技術レベルを客観的に評価した一つの基準で、一定水準以上の学術知識と技術レベルを持ったドクターが"専門医"として認められます。"専門医"になるためには、いくつかの厳しい条件をクリアしなければなりません。

1)日本矯正歯科学会認定医資格を有する歯科医師
2)10年以上継続して学会会員である者
3)学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、その全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること

これらの条件をすべて満たし、審査に合格した医師だけに"専門医"の資格が与えられるのです。
さらに更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や臨床発表、および学術誌における報告が義務づけられています。現在、日本国内の"認定医"は3,700名ほどなのに対して、"専門医"は300名とごくわずか。これは、国内の矯正歯科医の約1%です。

ロスフィロソフィー公認矯正医です

ロスフィロソフィー公認矯正医大学病院では顎機能、顎関節症の矯正治療と、顎関節や、咬み合わせの機能の分野について仕事をしていました。

認定医取得後は、世界的に著名なRoth先生の矯正臨床を学び、自分がさらに前進したかった臨床分野を学び最先端矯正専門医集団ロススタディクラブ・ジャパン、そしてRoth Study Club Internationalのメンバーとして常にケースを検討し、お互いに刺激を受け合いモチベーション、技術の維持・発展に努めています。日本全国でのロスフィロソフィー公認矯正医は、30名そのうち東京都内は5名4医療機関のみです。

ロスフィロソフィー公認矯正医最近の実績として、国内公開セミナーとしては2010年11月にコクヨホールにてロススタディクラブ15周年記念公開特別セミナーを。同じく、2015年10月には、20周年記念公開特別セミナーを横浜労災病院の亀井和利先生と共に講演。海外では、2011年5月にはシカゴにてインターナショナルセミナーannual conference at Chicagoで講演、2015年5月にはサンフランシスコにてAnnual RSCI Meeting in San Franciscoで講演をさせていただきました。

日本の矯正医だけではなく海外の矯正専門医とのディスカッションは大変勉強になりましたね。

ロスフィロソフィーの詳細はこちら

実は私も経験者。経験者だからこそ、分かることがあります

経験者だからこそ、分かることがあります40歳のとき、鏡を見ながら自分の手で自分の歯を矯正しました。「治療中の痛みのこと」「装置の違和感」など、治療を経験して気づくことや、得ることがたくさんありましたね。

当クリニックには、私のように大人になってから矯正治療を始める人も少なくありません。中には、60代で矯正を始めた患者さまもおられました。矯正治療には、確かに時間はかかるかもしれません。しかし健康という視点から長い目でご自身の人生を考えてもらいたいです。月1回の治療ですから、時間の調整も思うほど難しくはないと思いますよ。

【院長紹介】私はこんな人間です

院長紹介

私は東京の城北地区で生まれ育ち、公立小学校から私立の中学高校を経て大学に進学しました。

実は、歯科大学に入学する前は工学系の学部で学んでいたんです。そもそも、当時はエンジニアになろうと考えていました。小さな頃から手先の器用でしたし、実家の家業(町工場)を継ぐと考えていましたが、自分の道を切り開くチャンスを与えられ、以前より興味を持っていた歯科医療への道を志し、歯学部へ入学しました。

中でも「矯正歯科」という分野を選んだのは、「矯正歯科のダイナミックさ」から。矯正歯科という分野は他の歯科分野と違って、新たに咬み合わせを構築できる治療。そんなポジティブなところに強く惹かれ、のめり込んでいきました。

私の休日の過ごし方
よく「子どもみたいですね」と言われるのですが(笑)、とにかく車が大好き。スポーツカーやクラシックカーなど車のジャンルを問わず、乗るのも見るのも大好きですね。そして体を動かすことも心がけています。水泳やマリンスポーツが好きで、いい気分転換になります。

よい矯正歯科治療を提供するために

よい矯正歯科治療を提供するために素敵な笑顔と美しい歯並び・よい咬み合わせをご提供するには、十分な検査と的確な診断、患者さまご本人とのコミュニケーション、しっかりとした治療が大切だと考えています。

また、患者さまが無理なくリラックスして気軽に通える雰囲気は非常に大切だと思っています。たとえば僕は基本的に白衣を着ていません。もちろん外科的な処置を行うときには着用しますが、基本的にはラフな格好で診療しています。実際に患者さまからも「緊張しなくて助かる」という声もいただきますね。

矯正治療は治療センスや細かさ、根気が治療の仕上がりを大きく左右する分野です。「歯並びの美しさ」「機能的な咬み合わせ」「健康な歯肉」「お顔の審美性」、そして、「術後の安定」にベストを尽くすことは、当然と考えています。患者さまそれぞれのお悩みや不安、そしてお気持ちやご希望はさまざまだと思います。患者さまとよくお話しすることでオーダーメイドの治療を立案し、治療のゴールを目指します。

プロフィール

プロフィールひらの矯正歯科クリニック院長 平野武弘

【略歴】
鶴見大学歯学部卒業
同大学歯科矯正学教室入局
相模更生病院歯科口腔外科・矯正歯科担当
ひらの矯正歯科クリニック開設
日本矯正歯科学会認定医取得
Roth/Williams2年間コース受講
日本矯正歯科学会専門医

・Roth Study Club International メンバー
・Roth Williams Study Club Japan
・日本矯正歯科学会
・東京矯正歯科学会
・日本顎変形症学会
・日本顎関節学会

【連携医療機関】
安心・安全に治療を受けていただくために当クリニックはこれらの総合病院と医療連携しております。

【主な連携医療機関】
横浜労災病院
東京医療センター
山王病院
荏原病院
東京医科大学病院
日曜・祝日にむし歯が痛くなったら »こちら
その他

関連ページリンク

ひらの矯正が選ばれる理由
ロスフィロソフィーって?院長先生ってどんな人?見えない矯正装置とは?
部分矯正費用のこと痛みの少ない治療って?抜歯について
治療の期間・流れって?感染対策について矯正中の虫歯予防とは?ホワイトニング
顎関節症でお悩みの方へ外科矯正とは?患者さまの生の声症例集

矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

院内ツアー
スタッフ紹介アクセス・診療時間採用情報プライバシーポリシー

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

矯正歯科治療、無料カウンセリングを行っています。

トップへ » ひらの矯正が選ばれる理由 » 院長先生ってどんな人?


お問い合わせ


TOP